もどるお知らせ一覧へ

お知らせ

公開講義③ 3月22日(木)開催「アドバンス・ケア・プランニングにおける看護職の役割」

2018.02.28

看護キャリアパスウェイ教育研究センターでは、アドバンス・ケア・プランニングに関する公開講義を行います。アドバンス・ケア・プランニングとは「今後の治療・療養について患者・家族と医療従事者があらかじめ話し合う自発的なプロセス」です。本テーマにご関心のある方々のご参加を、心よりお待ちしております。


演 題:アドバンス・ケア・プランニングにおける看護職の役割
講 師:ラプレツィオーサ 伸子 先生(ジェファーソンヘルス・ホームケア・ホスピス)

日 時:2018年3月22日(木) 13:00‒16:00
場 所:東京医科歯科大学 3号館 18階 講義室1 (http://www.tmd.ac.jp/outline/access/)
対 象:テーマに興味・関心のある医療職、本学の学生(履修生、学部学生、大学院生)及び教職員
定 員:30名(先着順)
参加費:無料
お申込:こちらのお申込フォームに必要事項をご入力ください。https://jp.surveymonkey.com/r/2018-03-22

終末期は約70%の患者が、意思決定が不可能になるといわれています。この講義では、米国でアドバンス・ケア・プランニングに取り組まれている先生のご実践をお聞きし、ロールプレイを通じてアドバンス・ケア・プランニングを日本でどのように進めるか、ディスカッションを行います。アドバンス・ケア・プランニングにご関心のある方々のご参加を、心よりお待ちしております。

共催: 東京医科歯科大学 がんエンドオブライフケア看護学、医学部附属病院看護部 (順不同)