もどるお知らせ一覧へ

お知らせ

公開講義② 3月21日(水・祝) エンド オブ ライフ ケア講義のご案内

2018.02.28

看護キャリアパスウェイ教育研究センターでは、エンドオブライフケアに関する講義を行います。エンドオブライフケアにご関心のある方々のご参加を、心よりお待ちしております。

「エンドオブライフケア〜日米の在宅エンドオブライフケアの現状から、これからの看護職者の役割を考える」

演 題:
「エンド オブ ライフ ケアにおける看護師の役割~アドバンス・ケア・プランニングから看取りまで」
 ラプレツィオーサ 伸子 先生 (ジェファーソンヘルス・ホームケア・ホスピス、ペンシルベニア州/米国)
「日本の在宅におけるエンド オブ ライフ ケア~医師の立場から」
 二ノ坂 保喜 先生 (にのさかクリニック、福岡)
「医療機関から見た日本の在宅エンド オブ ライフ ケア」
 乙坂 佳代 先生 (横浜総合病院 地域医療総合支援センター退院支援部門、横浜)

日 時:2018年3月21日 (水・祝) 13:00‒16:30 (開場12:30)
場 所:東京医科歯科大学 3号館 18階 講義室1 (http://www.tmd.ac.jp/outline/access/)
対 象:テーマに関心のある医療職、本学の学生(履修生、学部生、大学院生)および教職員
定 員:100名
参加費:無料
お申込:こちらのお申込フォームに必要事項をご入力ください。https://jp.surveymonkey.com/r/20180321

2018年の診療報酬改定を受け、在宅・施設でのエンドオブライフケアはますます推進されてゆくことになります。今回は日本・アメリカでエンドオブライフケアに取り組まれている医師・看護師の先生方をお招きし、それぞれのお立場での実践例をご紹介いただきます。さらに、今後日本の在宅エンドオブライフケアで看護師に期待される役割や可能性について、パネルディスカッションを行います。エンドオブライフケアにご関心のある方々のご参加を、心よりお待ちしております。

共催: 東京医科歯科大学 がんエンドオブライフケア看護学、医学部附属病院看護部、未来がん医療プロフェッショナル養成プラン (順不同)